神業ゲームを楽しんでみた!!公式サイトなんて目じゃない!!

南極大陸はミステリアスですよね。南極大陸の様々な謎の情報です。
トップページ >
ページの先頭へ

南極大陸とは

南極はなんとなく知っているけれど詳しく、南極大陸についてよく知らないという方も多いことかと思います。では南極大陸とはどういったところなのでしょうか。南極大陸とは地球において最南端、最も南にある場所で、南極点を含んでいる大陸のことです。南半球における南極地方にあります。


南氷洋に囲まれている南極圏に位置している5番目に大きな大陸です。面積としてはなんとオーストラリア大陸と比較するとほぼ2倍に相当するのです。基本的に約98%は氷で覆われています。平均気温も最も低くて非常に乾燥しています。そして強風にさらされていて、平均海抜も最も高い大陸となっています。

年間降水量もかなり少なく、海岸部分では200mmで内陸はそれ以上に少ない降水量であるということが考えられます。自然状態としましては非常に寒冷な場所であるため寒冷な環境に適応することが可能である生物のみが生存しています。多くの藻類や線虫ダニ、ペンギン、鰭脚類、そして節足動物といった動物類、またバクテリアや菌類や植物及び原生植物が繁殖している状態になります。

南極と北極の違いは?

南極と北極といえば同じものであるかのようなイメージがありますが、南極と北極の違いとはいったいどういったところにあるものなのでしょうか。まず平均気温についてですが、南極と北極を比較すると南極のほうが寒いんです。平均で20度くらい寒いのでかなり温度が違うことがわかりますね。



地球上において一番低い気温が測定されたのが南極のボストーク基地なんです。南極の冬の平均気温は約マイナス50度から60度になりますが北極の冬の平均気温はマイナス25度ぐらいとなっています。その理由として北極と南極の高さの違いがあります。北極の氷の厚さは最大で10m程度ですが南極における平均的な高さとして約2500mにもなるんです。



それからもう一つの理由に南極は大きな大陸であるというところにあります。北極は大陸ではありません。陸地がないのです。海や氷が広がっています。海と陸との比較では海は冷たくなりにくいです。ですから陸地のある南極のほうが寒いのです。南極の場合でも海岸近くよりもない陸地のほうが温度は低くなっているという特徴があります。

南極大陸がアトランティス大陸説について

アトランティス大陸という大陸をご存知でしょうか。実際には実在していない大陸であり伝説上の大陸として有名で知られている存在になります。そんな伝説で幻のアトランティス大陸が実は南極大陸だったのではないかという南極大陸説も出ているのです。その南極大陸説の内容についてですが、グラム・ハンコック氏の神々の指紋という本によって南極大陸説が多くの方々に知られるようになったのです。



古くからあった考え方ではあるのですが、南極大陸説の特徴であるポイントとして、まず南極大陸は人類の生存は無理ですし樹木も育つことができないような厳寒の大地であり氷に閉ざされてしまっているのに、なぜアトランティスという古代文明が存在したのかということがあげられます。実は南極大陸は1万数千年前には現在の極致にあったのではなくもっと温暖な気候の土地にあり、それが移動したと考えられているのです。

地球規模の現象である地核移動によって今の南極大陸の位置にまで急激に移動をしたと考えられています。ですがあくまでも可能性であり証拠などは見つかっていません。

南極ニンゲン、ヒトガタとは

未確認生物であり都市伝説として、ヒト型UMAという南極ニンゲンが話題となっています。南極にいるものがニンゲンであり北極にいるのはヒトガタと呼ばれているようです。この南極ニンゲンですが、見た目は白っぽくてスベスベのお肌をしているんだそう。そして眼は黒く、細い手足があるだけで、大きさはなんと数十メートルという普通の人間としては絶対にありえないような大きさなんだそうです。



両手両足がそろっているというのは人間同様ですが、人間の上半身がまるで連結したような状態になっているものなど、とても様々なタイプがあるそうです。また話しかけるとたまに反応したりもするそうです。そんな南極ニンゲンの目撃情報もあるんだそうです。目撃情報としては、1971年日本の漁船の乗組員の26人のうちなんと全員がニュージーランドサウス沖で巨大な海獣を目撃しているのです。

また南極にあるロシア科学観測基地へ物資補給任務を行ってその帰りの貨物船が南極海で襲われました。そして11日間閉じ込められて移動でき名でいたのだそうです。伝説ですが実在するのでしょうか。

その他のコンテンツ

その他のコンテンツ

Copyright (c) 2017 神業ゲームを楽しんでみた!!公式サイトなんて目じゃない!! All rights reserved.